ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

出会いの時

気が付いたら雨が降っていたので、デパートで折り畳みの傘を買うしかないと
思い、見ていたら、気に入ったマンハッタンズの猫のイラストの傘があったのだけれど
9000円というプライスは、可愛くなかったので止めて、ユニクロで590円の折りたたみ
傘を買った。
気に入った柄の傘は、雨に日を楽しく演出してくれる小道具とは成るけれど、何せ、
私は失くすのです。

そのくせ、中学の時に父が買ってくれた折り畳みの傘は、今も大切に玄関の靴入れに
あるのだから、不思議。

今日はアトリエでの4時間がとても楽しい物でした。
やはり、その時のメンバーに依るし、波長って大切です。

今日初めて出会った女性は、私のユーモアに、さらっと乗るのが上手で、更にもう一人の
女性がうまくまとめてくれて、楽しかった。

映画の話をすると、一人の女性が「『白バラの祈り』は、是非見たい。」と言うので嬉しくなった。

もう一方の女性とは、道明寺の桜餅の話から、あんみつや豆かんの話に成った。
東京駅の地下にある店が美味しいと聞いたので、良く聞くと『みはし』だった。

一年程前に、寒天に凝って、寒天パパの寒天を取り寄せたが、寒天茶を作ったけれど、
すぐに飽きてしまい、早く飲まないと寒天がドロドロに固まってくるので、胃のレントゲン
を撮る時のバリウムの様なまずさだった。

やはり、普通に固めて黒みつで食べると、一番美味しいのだろう。



スタッフが忙しくて、先生があちこち歩き回り、電話に出たりしていて、3時になり、お茶の
時間を迎え、私がデパートの『大九州展』で買ってきた さつま揚げを一口大に切ろうと
したら、先生が心配して見に来るので、「これ位は私でも、出来ます!」と言い切った。

すると、遠くから「全部じゃ、多すぎますよ!」と、更に先生の声が聞こえる。
それで、「解っています。100%素直ですから大丈夫ですよ!」と返事した。


どうも、信用がないようだと、初めて気が付いたのだけれど、前にも
「seaさんは、どうも不器用そうで・・・」と粘土と格闘する私を見て、
先生は言っていた事があった。

思えば、あの時から大雑把な私の性格を読んでいたようだ。

がさつなB型、ずぼらなO型と言うけれど、私にはどちらも当てはまるのだから
弁解の仕様も無い。(ーー;)

今に見ておれ、大雑把な良いところを見せてやる!

今日は手と顔が遅れているので、集中して作っていた。
マリー・アントワネットの肖像画を見ると、手も顔も肉付きが良くて、プックラとしている。

先生曰く、「食べ過ぎですよ、食べ過ぎ!」
なるほど~!確かにそうだろう。

当時の貴族は、動きもしないで贅沢に暮していたのだし、やつれるはずも無い。

そう言えば、私もやつれた事が無い・・・・・・・・
将来を考えると、不安がない訳ではないが、去年から、楽しい『出会い』が多いので
楽しんでいる。

アトリエでの時間も、実に楽しい。
カリスマ性を持つ先生も、何だか楽しい人でもある。



→人はどれだけの良い人との出会いによって、楽しさを味わえると思う方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-21 00:58 | 人間