ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

美人薄命

毒舌家の友人(男性)が、弱っている私を見て、いつもの様に意地悪な言葉を
投げかけた。「もう、熱が下がったんだって!インフルエンザにも敬遠されてるんだ~」

弱々しい女は、こんな時には、良いと思う。
同情されるし、哀れっぽい。

友人に、『美人薄命』について何を思うかと聞いて見た。
彼の答えは現実的で、次のように答えた。

   *   *   *

『美人薄命』と言うけれど、実際、美人の人はエネルギッシュで、活動的で生命力に
溢れて生きている人が多い。
だから、『美人薄命』と言う言葉は,当てにならない。

   *    *   *
なるほど、そうか!

友人は、若い女性(20歳位)が大好きで、若さに自分も憧れて、ダイエットをして、
最近では一日に20km位走り、この一年で、15kg痩せた。

先週の駅伝大会の試走会では、女性ランナーも混じり、女性達は友人と同じ様な
50歳前後の人が多いので、その後の自己紹介で、50歳位かと思われた女性は
何と、68歳だったそうだ。18kmを共に走った女性が、遥かに年上と知って、愕然
としている。

68歳のランナーも、金子氏の様に、子供時代は健康優良児だったそうだ。

体から生まれる健康は、精神にも通じる物は在ると思う。



やりたいように生きている人は、活き活きしているし、若くいられるのだろう。

友人は昨年、同窓会で、サラリーマンになっている同級生と話して、「サラリーマンって
悲惨だ~」と思ったそうだ。友人は自営業者。

果たして、自分の思った様に生きている人間は、世の中の人間の何%だろう?

そう思うと、私の人生は自由な方かも知れない事に感謝すべきなのだろう!




→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-08 19:02 | 人間