ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

サービス業


今日は朝から寝ていて、仕方なく病院に行った。

インフルエンザではなくて、風邪との事。

私は小さな時から健康で、健脚で、医者知らずだったので、風邪で頭痛がするとか
熱があるという事は、未知の世界だった。

未知という事は喜ばしい事ながら、風邪で苦しむ人への思いやりも、生まれない。

そう思うと、やはり、体験しないと解らない事も多いのだから、一つ、学ぶ事が出来た
と思う事にしよう。

近所には幾つかの内科の病院があるが、近所の人達の評判で、I内科に行った。

まずは、事務員達の明るく、感じの良いこと、医師の横柄でない事。
帰り際の挨拶の的確な事。
どれをとっても、感じが良かった。

トップの医師のタイプから、看護婦や、事務員のタイプは決まると思うのだが、
そう考えると、医師の性格が一番肝心と成るだろう。


医師とは言え、実際はサービス業だし、営業的に上手く行かないと、経営は成り立たなく
なる。
銀行家が言うには、埼玉や東京では、歯科医院が経営難で廃業するケースが多いと言う。

人柄って、生きていく上で、大きな要因を占めている。と思う事は多い。

では、その人柄をどうしたら、良くできるのだろうか?
それは、小さな時から、多くの人と出会い、的確な話が出来るように、母親が教える事
だろう。勿論、本質は、素直でなければいけないと思うけれど。


そんな事を思いながら、また、何かあったら、I内科に行ってみたいと思っている。




→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-07 14:28 | 現在