ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

贅沢な話しですが・・・・


昨日の朝早く、車で片道30分位かかる、山荘に住む知人宅に行った。
幸い、今年は雪も無く、道も凍ってはいないので、安心したが、何年か前には、
車がスリップしてしまい、谷底に落ちそうになり、冷や汗をかいた事もあった。


奥さんと、もらい物で困るワーストを考えた。

昔、開けてみたら、生きている蟹が出てきてどうしたら良いかと迷ったタレントの話しも
出たが、家族に何でも食べるのが好きで、食欲旺盛に人がいれば良いけれど、
家族数も2人や3人では、食べきれない物もある。

早めにおすそ分けすれば良いと思うけれど、これも厄介な時がある。

別の知人宅には、お中元のシーズンになると、紀伊国屋から高級なスイカが
送られて来て、5つ位はすぐに集まってしまい、私が2個、おすそ分けに
頂いた事があるが、これは、毎年繰返されている。

ジュース類も、好みがあって難しい。

どちらの知人も会社の経営者なので、サラリーマン家庭よりも、お中元やお歳暮時期
は宅急便が良く来ている。


永年の知人宅は開業医で、入院患者も抱えている。
「御酒はどっちが良い?」とは、現物か、酒のギフト券のどちらが良いか?
という事で、遊びに行くと帰りには、良く聴かれるが、とにかくすごい量の酒類を
頂くという事だ。
私は折角だから、遠慮せずに『紙の方がいいです!』
と言うが、包みの中が5000円分なのか、一万円分なのかは、くじと同じで解らない。

前に頂いた中身は、2万円分入っていて、この時は、いつまでも飲んで居られた。

それと、困るのは退院患者の家族からの<お赤飯>
度重なると、よほど、好きでないと看護士達も食べたがらないらしい。

患者さんの家族から高級そうな<○国ホテルのスープ>の詰め合わせを
頂いても
「缶詰めは嫌いだから!良かったら食べてみて」と、頂いた時は毎朝温めて
食べるのが楽しみだったな~

しかし、数あるギフト商品の中から、これを選んで下さった送り主には、
気の毒だと思った。

貰い物が多い家庭には、デパート券や、図書券などが一番良いのではないだろうか?


友人の父親が銀行の支店長時代には、広くも無い玄関に、一年中醤油の
ダンボールが天井に着く位高く、積まれていて、
「醤油ばかり、集まりすぎる!」と嘆いていたが、移動後に、もっと派手な町に移った
時には醤油は姿を消して、代わりにしゃれたお菓子や、贅沢な物ばかりとなった。

それで友人のパパ曰く
「融資額も多い町だよ!」

プレゼントは貰う人もあげる人も、大変なのだ。


私なら、今欲しいのは、手作りで色々と添加物の入っていない、たくわんが良い。


大物政治家の家には、ギフトシーズンになると、その数も凄まじいだろう。
一説に因ると、夕方には、裏口にはリサイクル社のトラックがお迎えに来ていると
言う。

そうして、お安く主婦が買えるのならば、これも、<皆様の為>と成る事だから、
結構な話です。


→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-30 00:28 | 食べる