ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ゲイだって、ビアンだって、いいじゃな~い!


私は同性愛者を、変だとは思わない。

特別の事でもないし、最近では小さい子でもその存在を知っている。

フィリピンに行った時には、若いビアンカップルと一緒にダイビングした時、

彼女達は、ずうっとベタベタしていたけれど、自然に思えたし、にこやかだったので、

楽しかった。一人の男っぽい方が女っぽい人を絶えず、エスコートしていている。

私もエスコートされたかった。<笑>

日本は、ぐっと閉鎖的で、気の毒だと思える。

自然に振舞えないという事は、後ろめたさを伴ってこないのだろうか?

精神的な不自由を思うと、気の毒で、この国には、自由がないのだと思う。

それでも、最近では、少しづつ、変化していると思える。

男女間の恋愛は、結婚への序章でもあるけれど、同姓同士の恋愛なら

純粋な気持だけでいられると思うと、その点は、羨ましい。

フィリピン人の友人がマニラ市内の大学生だった時に、学長の家に何人かで

呼ばれ、待つ事3時間。

豪華な邸宅の中で、一人暮らしの学長は、その時、まだ30代。

綺麗好きなゲイで、3時間入浴していたそうだ。

友人は語る。。。。「ゲイは絶対、綺麗好きね!」

ホント?

そうですか???


シェークスピアはゲイだったから、「ヴェニスの商人」は面白く展開している。
ゲイじゃなかったら、こう面白くは書けなかったと思う。


→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-21 03:50 | 人間