ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

日本橋の専門店『木屋』

前の記事から、包丁の事です。

2,3年前に、本格的なフランス料理を習おうとした時に、
何でも、格好から入る私は、まずは包丁を買おうと思い、大金をバッグに
入れて、日本橋の木屋に行ったのです。

木屋には、10年位前に年上の女性に連れて行って貰った事があり、刃物を
買うならこの店を訪ねたいと思っていたもの。

おぼろげながら覚えていた店は、昔のままでデパートの包丁売り場など、
問題にならない品揃えで、ペティナイフから、野菜切り、牛刀までが勢ぞろい
している。

ヘンケルを3本買おうと思っていたら、外国人の手は大きいのでヘンケルが
合うけれど、日本人の女性だと合わなくて、調理師は使っていないと説明を受けた。

色んな質問をしても、応酬話法が素晴らしく完璧で、心をこめた答えを頂けた。

木屋がスェーデンの鋼鉄を使い、オリジナルで作っている『木屋』の包丁を
3本買い込んで、ついでに重い研ぎ石も買い、生ゴマを焼く網の入れ物も買った。

スェーデンの鉄の質は、世界一だと聞いた。


包丁の研ぎ方は、若いのにほとんどハゲ頭の男性が、丁寧に教えてくれた
のだけれど、集中出来なくて、未だに、包丁を動かす流れが解らなくて、
適当にやっている。

光輝くハゲ頭に、かなり集中してしまった為だ。


こうして木屋の包丁を買い込んで、料理を覚えるかと思いきや、(しゃれじゃないけど)
何だか飽きてしまい、フランス料理はどこかへ飛んでいってしまった。
あくまでも、道具で勝負したかっただけかも知れない。


3本の包丁の中で、一番良かったのが、ペティナイフで、アメリカ人が野菜切りには
よく使っているので試したら、小さくて使い易くて離せなくなった。


日本橋には余り行く事がないけれど、木屋の事は思い出す。

専門店の良さは、何年しても思い出深い。
(ハゲではなくて、包丁の事です。)








→、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-02 13:59 | 現在