ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

人形


さっきまで、『さんま福沢超報道』フジTVをかけながら、
人形に粘土を付けていた。

これがなかなか進まなくて、気が付くと、人形のマリーの体は
じんましん状態となり、我が人形ながら、気持悪い。

元々、手先が器用なので、自信があって人形作りを始めてみたものの、
かってが解らないので、手探り状態。

宿題の粘土付けを早くしておかないと、粘土が腐ってしまうのだ。
腐った粘土を解らずに付けた事があったが、後で考えると、
この秋、上映された『蝋人形の館』のろう人形のようになってしまう。


この間、アトリエで、私の前に座っていた女性の人形は、『チャイルドプレイ』
のチャンキーの様な、頭デカで,顔は、何と私の飼っているパグの晴美に
似ていたのだが、さすがの私でも、「パグに似ていますね!」なんて
言えなかった。

頭デカがころんと転がって、私の方を向いた時には、「ギョッツ!」としたが
所詮、人形の首なのだ。
それにしても、ソフトボール位の大きさで、丸いから、よく転がる。

ゴロン、ギョッツ!、ゴロン、ギョッツ!ゴロン、ギョッツ!!!!!!!

可愛い人形になるだろうけれど。。。。。

そこを、先生が通って、嬉しそうな顔で、笑っていた。
smileだったけれど、きっと人形語で、話したのかも知れない。


こうして人形は作る人に似てくるのだけれど、
ゴロン、ギョッツ!の人形を作っているのは、鼻の低いシーズーに
良く似ている、活気のある顔の人だった。




→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-12-31 01:12 | 現在