ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

野菜天とソバ




私の回りにいる考古学の好きなSさんに、コミック『ガラスの仮面』の話し
をしたら、今も続いているので、この話しが良いのかどうかは解らないから
DVDを見ても仕方ないとアドバイスを受けた。

Sさんは、23冊位は持っていると言うので、今度、借りてみて発掘のように
丁寧に読んでみようかと思っているのに、未だ、家から持ってこない。

マア、忙しいから当分の間は、良いんだけれど・・・

夕方、蕎麦が食べたくなって、いつもの蕎麦屋に行った。

それで、天盛蕎麦とか、天掛けそばのつもりで、野菜天そばを注文した。

私は、掛け蕎麦と、野菜天が別々に成っている物を想像していたのに、

目の前に置かれた物は、大き目のどんぶりに野菜天がどかっと、乗って

いる物で、蕎麦が見えない。

どこに蕎麦があるのか解らなくて、「あれれ・・・・」

やっと見つけた蕎麦は、でかいさつま芋も天婦羅の下に、圧縮されていた。

この蕎麦屋おつゆの味は美味しいと思うが、天婦羅は今一つで、私が

揚げた方が、からっと美味しいと言っても間違いではない程度。

蕎麦に油が移って、口の中がギトギトになったが、見た目よりも味は良かった。

しかし、2度と圧縮された蕎麦は食べたくないと思った。

そして、帰宅してから、今夜招いている人達に食べさせる「トンカツ」を

8枚揚げた。揚げ物は手早いのだが、時間がなかったので、O君に手伝

わせてキャベツを切ってもらったり、鍋類を洗ってもらったりした。

良く手伝わさせられるので、O君は手早くなったし、料理上手になった。

手伝わせると、男の方が女よりも手早くて、力があるので、炒め物などは

迫力がある。

反対に女だと、全てにおいて手際が悪いし、合理的な動きが出来ない。

目先の事だけは考えているが、トータルを把握出来ていないのだ。

かなり、男性的な考えの出来る女ならば、又、違うだろう。



ところで、夕方スーパーで、ホタテのひもの部分が一袋100円で、つめ放題

だった。私の前に詰め込んでいた女性は「今日は、楽しかった!」と明るく

言ってレジへと急いだ。私も袋に入れて見ると、

「これでもか~、いえ、まだまだでございます。」と窮屈を承知の上で入り

込んだ。

ひもとゴボウ、人参、シメジを入れてホタテ汁を作り、トンカツ、人参の

グラッセと失敗した黒豆を添えて、今夜のディナーは始まったのだが、

私は、例のギトギトで、何も食べられなかった。




→蕎麦の好きな方は、クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-12-24 00:28 | 食べる