ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

BOOK OFFで買った『西太后』



d0063550_1762727.jpg

昨夜は、BOOK OFFに行き、偶然に『ガラスの仮面』のDVD4枚組みが
目に付いた。
これは、20年以上前から書かれていて、現在も続いているコミックで、
2月には、これを元にした『紅天女』が、能としてデビューするそうだ。
これは、BLOG友達から教えて頂いた。

4枚組みで1500円なら・・・とレジに持っていくと、15000円だったので、
やめにして、最近出来たDVDシリーズの『西太后』を買った。

『西太后』の映画は、レンタルで、何本か観ていて、宦官の話などはよく
解るので、私にしては珍しく,買い求めたのだった。

夜、観始めると、これが面白くて,皇帝の死後の西太后と東太后との戦いが
描かれている。
西太后の勝気で、強い個性が凶器となり、東太后を倒し、40年間の清に
君臨するのだけれど、恐ろしい時代だと思う。

時代背景や、衣装がすばらしくて、中国語が流暢に響き渡っている。

この時代の女性の髪形や、マリー・アントワネットの時代(ロココの終わり頃)
も、頭が重そうだ。
ただし、それぞれの服装とよくあっていて、その点は面白いものだ。

当時は、お毒見役は、ペキニーズなどの小型犬だったはず。

私の友人は昔、北京の大学に行ったが、朝6時には起きて、
全員で、何キロも走ったと言っていた。
彼女が覚えた中国語(どの言葉かわからないが)を仕事に使うこともなく
主婦となってしまった事は、今になると残念に思う。


中国とは常々、不思議な国だと思っている。



途中で眠ってしまったので、今夜、続きを見る予定だ。




→怖いものが見たい方は、クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-12-20 17:05 | 現在