ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

旅立ち

久美子さんにTBします。
d0063550_11533728.jpg


久美子さん、貴方も旅立ちを迎えたようですね。

雪の降る、寒い北海道の寒さの中、個展の朝を迎えて

今までが、来る日も来る日も、色彩との格闘だったのに、

その朝、それは、融和と成ったかのように、きらめく光の中に

旅立ち始めている。

20代の久美子さんにとって、絵を書く事が運命と決まってから

人生に無駄はないと思う。

たくさんの時間も要するし、毎日が忙しいって事は、

24時間を120%位、生きている事だと思う。

何も迷いの無い生き方は、スコーンと遠くを見る事が出来るし、

集中できる事がある人間は、とても幸せでいられる。



遠くから、そっと、でもデスクトップの大画面で、私は久美子さんの絵を

まじかに感じて、今日も生きている。

それは、映画を見る様でもあるし、音楽を聴くようでもある。

『ハリーポッター』でもあるし、『コールドマウンテエィン』でもある。

けれど、いつも日か

『エリザベスタウン』の様な、全てを含んでいながらも、楽しい物を

描いて欲しい!と勝手に期待している。


北海道!

大きな大地に憧れるな~

大地に包まれて、生まれる絵は、優しいと思うよ・・・・・・・・・・・
[PR]
by sea1900 | 2005-12-07 12:05 | 手紙