ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

或る男


アトリエで出会う男は、年齢不詳で、良く話す人だ。
そして、何でも知っているらしくて、話題には事欠かない。

昨日は、30歳位のミセスがたくさんのカブを貰ったので、
カブ料理について、聞いていた。

その話が聞こえてきて、私は
『カブに十字の切り込みを入れてそのままの形を保って、
コンソメで煮てスープ煮すると美味しいよ!』と、アドバイス
したかったのだけれど、余りにも男から、色んなレシピが
飛び出していたので、やめた。

この男は、水周りの掃除が好きだと言い、友人が聞いたら、
ムコにしたいと言い出すだろうと思った。

生活をエンジョイしているように思えるし、ラフォーレの裏にある
店まで良く知っている。ラフォーレの裏口まで知っていたのには、
驚いた。

細かい気配りも良く出来て、まるで、おばあさんのようだ。

ゴボウのささがきも、作れるような話ぶりだし、レシピもたくさん
知っているだろう。

私の住む町に観光に来たら、ゆっくりと付き合って観察してみたいと
思っている。
映画の話はした事がないので、月曜日には、話してみたい。


この男と、この間は、文章の書き方について話していたら、90分間で、
原稿用紙50枚を書いた話が出てきた。

何事も訓練次第、努力次第という話だった。


なんか、性別を全く、感じないな~。

私も私生活を話さないし、男にも聞かないから、面白い。

私のように、世間体とか、全く気にしない人間がいる事を知ったら、
驚くだろうな!

男は、おしゃべりなおばちゃんの様にも、思えてしまう・・・・・


→こまめな男を好きな方は、クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-30 01:23 | 男と女