ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ホイヤーの腕時計


d0063550_38049.jpg

ホイヤーのダイビングウォッチは、スイス製で、ストッパーが気に入って
昔、買い求めた。
3年位した時に、鎖が緩んできて、修理に出さなければ!と思いながら、
そのまま、ずるずると時間が経ってしまい、気が付いたら、鎖もずるずる
していて、落とした事にも気が付かなかった。

仕方なく、セイコーのチタン製のダイビングウォッチを買ったが、3年も
するとチタンは金属アレルギーが少なかったというのだが、不調になり、
あきらめた。

どうも、3年目が目安になっている。
出来は、ホイヤーの勝ちだった。
セイコーのダイビングウォッチは、昔はベゼルが左右どちらにでも動いたのに、
使わなかったら、左右どちらにも、動かなくなっていた。

そして、新しくこの町で買い求めたのが、ホイヤーのクラシックで、ブレスレット
タイプの小さい物。
しかし、これが悪かった。
まず、値段が高くて、2桁だったし、その割のは、デザインも特に変わっていないし、

クラシックと言う割には、そんなにクラシックな味わいも無い。

ところで、これは曲者だった。

ストッパーが不調で、何度直しても緩んでくるのだ。
買ってから、一年以内だったら、何とかなったのだが、後の祭りで、
今はひたすら、急に落ちて、私が気づかない事を懸念する毎日が続いている。


普段用を買ってしまうと、クラシックは使わなくなってしまいそうで、
買うにはやめた。
クラシックは、100Mの深度でも、耐えられる。でも、100Mも潜る事はありえない。

気圧の変化に対して、十分な順応がOKという事だろう。
しかし、案外カシオの3000円程度の日常用防水腕時計が、35m潜ってみても
完全に防水していて、壊れる事なんか無い事を知っている人は少ない。

ただ、保障されないだけで、機能はすごい。







→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-26 03:08 | 現在