ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「アイ・アム・サム」




d0063550_1284046.jpg
スターバックスで働く7歳の知能しか持っていない中年男サム(ショーン・ペン)は、ホームレスの女性が出産した自分の娘、ルーシー・ダイアモンド(ダコタ・ファニング)と幸せに暮らしていた。
周りの友人の協力もあって、ルーシーはあいくるしい賢い娘に育った。
ルーシーは自分が7歳になると、パパよりも自分が賢くなってはいけないと勉強を拒否する。

仲の良い親子で、ルーシーのパパを思う気持が全開する。

福祉局はお役所仕事だから、2人を離れさせようと裁判になる。

ダコタ・ファニングの金髪の愛らしも良いが、ショーン・ペンは本当に、
7歳の能力しかないのだと思わせてくれた、<演技>のすごさに驚いた。

元々、ショーンの顔が好きではなかったが、その顔に7歳の能力が加わり、
リアルなサムが出来上がっていた。
役にのめっているのではなくて、役がショーンを完全に作り上げていた。


ここが、上手すぎる。ショーンはすごい俳優だ。


何が大切なのかと、問われた時に<家族>と答えたとしたら、こんなに
幸せな事実は無いだろう。
<愛>が存在する限り、人は癒され、希望を持ち、生きていける。
哲学を語るよりも、愛を語ることは、心満たされる事なのではないか?

家族のあり方は、形よりも深い思いやりの心が繋いでくれる。
逆に、思いやりの無い家族は、弱いだろう。

愛情がにじみ出るって、観ていて楽しい。


2人がブランコに乗って、はしゃぐ喜びが、理屈ぬきに伝わり、
ハッピーエンドの幸せが今も心に響いている。



→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-26 00:53 | 映画