ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「祇園の教訓」から




d0063550_035737.jpg

現在、続編が出ている「祇園の教訓」岩崎峰子作は、2年前に
買った物で、読んでみると、良く考えれば解るような社交や礼儀
の話が書かれている。
生きていくための基本となる事柄で、私の母がよく言っていたような
事柄でもある。

女性は知っておいた方が良いと思う。

この中に、トイレの掃除は女がするもの。と言う項目がある。

これを、友人の20代の女性に話すと、どうもピンと来ないらしいので、
よ~く説明したら解ってくれたようだった。

ところが、30代の女性の友人は、それは可笑しいと言う。

あくまでも、職場でも、家庭でも、男女差が在る事が不満だと言う。

「男女同権では在っても、男女同質ではないでしょう」と私。

いくら、説明しても心からの納得を感じられなかったので、彼女は私とは
異質なのだと思い、話をやめた。

彼女は秀才だったので、ちやほやされすぎて育ってきた。
卒業大学も有名大学で、教授からの受けも良かったらしい。
しかし、物凄くだらしなくて、家事が大嫌いだから、掃除なんかしたくない
と言うタイプだ。


女性としての奥ゆかしさが消えている現在、SEXYさだけが、雑誌にも
氾濫しているが、そんな記事に振り回されるよりも、まずは、掃除でも
した方が良いと考えるのは、私が歳をとったからなのだろうか?




→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-25 00:04 | 人間