ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

はなし

  

アトリエでの話。

電話が鳴った。
それは、「古い人形が壊れたので、直して欲しい」と言う物だった。

人形からそれは、この先生の作ではない事が判明したのだが、
よくあることらしい。

それで、昨日のメンバーは面白い人が多くて、『コピー』についての
話になった。

田口ランディの文章コピーの話や、ビスクドールのコピーの話等等・・・
田口ランディが和服好きだという事しか、私は知らなかったが・・・・

そういえば、少し前に読んだブログは、大塚愛の歌の歌詞をまねていた。
マア。、これ位は、許せるけれど・・・


ここでは、プライベートな話をしないで済むので、私はありがたい。
プライベートな話には、実りがないと思う。

映画や本や音楽、そういった共通話題があるのだから、そういう話が好きだ。

家の中の話は、どうも苦手だし、別世界でもある。
細かいし、永くなるものだ。面白くも無いだろう。

  

何も聞かないでくれるお仲間の方々、ありがとう。
楽しい話は、限りなくあるのだから。


年上のボーイッシュな女性が、急に京都の話を持出した。
私が、「柊やに泊まった事があったけれど、仲居さんの気働きがさすと
思いましたよ」と言うと、

「その気働きに、緊張して気働きに対する気働きをしなくちゃ、
成らなくなる!でしょ」と返された。

正に,応酬話法だった。






→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-18 02:38 | 人間