ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

サ  ワ  ダ

サワダ  
 遺された30,000枚のネガから、青森、ベトナム、カンボジア
 沢田教一写真集

サワダの写真の中で、一番有名なのは、『安全への逃避行』という
タイトルの写真ではないだろうか?

d0063550_1612554.jpg

ピュリッツアー賞
世界報道写真展大賞に輝いているので、どうしても眼に付き易いかも
知れない。

ベトナム戦争の時代、米軍の攻撃から逃げて川を渡る2組の親子。
クイニョン北部、ロクチュアンの村で。  1965.9.6

Locthan village North of Qui Nhon

この写真集は、

プロローグ   青森、三沢、東京,  1954-1964
Ⅰ  ベトナム           1965-1966
Ⅱ  アジアの自然と人びと  1965ー1970
Ⅲ  ベトナム           1967-1968
Ⅳ   カンボジア         1967-1970

と分けられていて、どうしても彼の写真と言うと、白黒が全てだろうという
先入観があったのだが、後半には、カラー写真が入っていた。

ベトナム戦争は、映画の中では知っていても、所詮は作り物で、
サワダの写真のような、表情はない。

時代を感じる一枚、一枚に本物のベトナムを見つけ出す事が出来る。
私は、報道写真の訴える表情が好きで、そのリアルさに、はっとする
事が多い。
写真の効果が、一番発揮され、人の心に訴える力は、最高だと思う。

                               
                                   続く・・・・・・
[PR]
by sea1900 | 2005-11-16 15:59 | 人間