ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ジェーン・マーチとスイートピー



d0063550_1434242.jpg


早朝、電話に起こされた。「愛人/ラマン」について知人からの物だ。

主演女優のジェーン・マーチは、この映画の撮影中、毎日辛くて
泣いていたという物で、知らなかった私は驚いた。

ジェーン・マーチは、1973年にロンドンに生まれた。
私が観たのは、1994年の「薔薇の素顔」とこの作品だけなのだが、
スリムなボディに、SEXシーン全開で、こういう路線の女優なのだと
思っていた。

「愛人/ラマン」の時には、19歳でその若い、まだ若い薔薇のつぼみの
様な心の頑なさを感じた。

<そうか~、ジェーンは辛かったんだ~>
自分が裸になるのが辛かったのか?
マルグリットを思って辛かったのかは解らないが、辛いという感情を
持ち続け撮影に望んでいるとしたら、それは、何処かに現れていただろう。

退廃的な時代や風景の中だったかも知れないし、ラストの船の上のシーン
だったかも知れない。

「薔薇の素顔」はサスペンスで、ブルース・ウイルスを悩ませる悪魔の様な
女を演じる。

いつでも、心の内を顔には、表さない。

*     *      *      *      *


「辛い!」そう言って、Kは4年前に亡くなった。
d0063550_1430273.jpg


まだ、高校生だった。

Kの母親は教育者で、私の知人だった。
今でも、時々、会っている。

Kは中学の時から、登校拒否になり、高校は通信制にしていた。

中学の時には、一人でもイギリスやアメリカのホームスティを経験する積極性
があり、哲学書を片っ端から読み続けたりしていた。

「お母さん、もう、疲れたよ!」
と言って、最後の1ヶ月は、ペットボトルのスポーツ飲料しか、飲めなくなっていた。

そして、衰弱死に至った。

「衰弱死」これが、Kの死因となった。
私はスイートピーの花束を捧げた。(白とピンク)

スイートピーの優しさが、Kの元気な姿とダブった。


Kよ!
貴方が可愛がったり、ストレスからあたったりしたゴールデン・レトリーバーは
今も元気に暮らしているよ。

背中には、貴方の残した哲学書が積める程だ。
太っていて、私は「ダイエットしないと、成人病で危ない!から・・・・」と
言っている。
正しく、「哲学犬」なのだ。
静かに、Kを取り囲む時間を、共に生きた犬。


お母さんは、貴方が去ってしまった後、3年間、安定しなかったけれど
今は元気になった。
相変わらず、美しいよ。
そして、「すでに、亡くなっている医師の父親が、今はKを守っている」と言う。


辛く、疲れた時期を、Kよ。
貴方は土の中の球根のように黙って暮らしてしまった。

明るいスイートピーの如く、風に吹かれる事もなく・・・・・・

私はこうして書いている。
そして、忘れまいと思う。

こういう時に流れる涙は、誰にもぬぐえない。




→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-14 14:20 | 現在