ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「愛人」ラマン



d0063550_0571640.jpg


デュラス/ジェーン・マーチ
青年/レオン・カーフェィ                
d0063550_1124954.jpg監督/ジャン・ジャツク・アノー

1984年、マルグリット・デュラスは70歳で「ラマン」を書いて、ベストセラー
となった。彼女は50年にも及ぶ著名な作家だったが、この作品は、彼女が
15歳の時に,フランス領インドネシアで生まれ、15歳で金持ちの中国人青年
との最初の性愛経験を描いている。

「18歳で、わたしは年老いた」で始まるこの文体、そして映画は、彼女を語る
物だ。
映画では、全編に甘く切なく、ロマンティックな物がある。
インドシナの退廃的な熱さや、メコンの雄大な流れが、かえって切ない。


マルグリット・デュラスは1914年に、このインドシナで生まれ、4歳の時に
父親に死に別れ、植民地に於ける、最低の白人の暮らしをした。
母に愛されず、下の兄とタブーを犯す。

そして、売春。
性的快楽と淫らな欲望の世界に入る。

ランドセルを背負いながら、金を貰う日々を送る。

「愛していない」お金の為なのだ!と思い、実は「愛していたい」
どうしようもない刹那さが苦しい。


映画では、彼女の精神面には、さほど介入していない。
それを、彼女は良く思わなかったようだ。
彼女はシナリオ製作に留まらずに、何本もの映画を手がけた監督でもある。
但し、日本未公開。


彼女はフランスに向かう船の上で、泣いた。
それは、ショロンの男を思って、愛していた事に気づいて泣いたのだった。
愛が見えない事だってある。
男は高級車の中から、女を見る。


彼女はそういう風に成長した自分に気づいたからとも言える。

    *    *    *    *    *




デュラスは、フランスの戻ってからも多くの愛人を作り続ける。

66歳の時に、ヤンという38歳下の大学生から、5年間もの間、手紙が来る。
彼女は取り合おうとしない。

しかし、それから、彼女が死ぬまでの16年間、一緒に暮らす。

66歳と言う年齢を考えると、肉体関係は無いと思ってしまうが、会ったその日
にヤンは、異様な性的快楽を知るのだった。


彼女は、いつだって真剣。
どんな事があっても諦めない。

世界的に有名な女流作家と若い男。

わがままなデュラスとそれに従うヤン。
2人の激しいぶつかり合いが、お互いに命を繋いでいたのだろう。

ヤンは初めての愛を知り、デュラスは70歳を越えて、
更に大ベストセラーを産んでいく。


そうよ、インテリは何でも上手だわ。

本を書くのも、料理も、庭仕事も、セックスも・・・・」

ーーーーーー愛人/ラマン 最終章ーーーーーー


普通の女性は、自分よりも28歳年下の男性を、異性として、考えない。
しかし、それが出来るという事には、ものすごいパワーを感じるし、
羨ましくも在る。

ヤンは何度も別れようとしたけれども、出来なかった。
それは、きっと、どこかがしっかりと繫がれていたのだと思う。

運命的な出会いは、その後の運命さえも変えていく。

しっかりと結ばれている2人には、常に前に進む道しか生まれないのだ。


物凄いパワーで,駆けていった人生。
売春ではなくて、そこには、「愛」が存在していた。



→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-11-14 00:49 | 映画