ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

文明さんへ

入院(完了)生活の文明さんへお手持ちのDVDを見せて頂き、あっと思い嬉しくなりました。
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチがあったからです。
この映画の中の歌は好きで、ストーリーも面白くて、興奮しました。
アングリーインチの意味も、可哀想だけど、なるほどです。
失敗は付き物ですからね!
愛は、どんな形でも尊い物と、私に新鮮な驚きを与えてくれました。
また、見てみようと思う作品です。


ガタカ
この作品で出会った、イーサン・ホークとユア・サーマンは結婚しましたが
すでに、離婚。
スリルと戦慄が行き来して、こういう作品も新鮮でした。
ユア・サーマンは身長が180近くて細身ですが、顔のインパクトが強いと
思いました。



マルコヴィッチの穴
マルコヴィッチは、自分の作品の中に必ず、ヒッチ・コックのように
とぼけて出演しているようです。
この作品でも登場していますが、面白いです。



ダンサー・イン・ザ・ダーク
ビョークという名前も知らず、ただ、歌手が主演で大丈夫なのだろうかと思い、
シネコンに行きました。
太った逞しいカトリーヌ・ド・ヌーブは、如何してこの作品に、必要だったのか?
と思いましたが、美人は歳老いても美人でした。

良くない事が続き、なかなか好転できないもどかしさが、悲惨な映画です。

それにしても、ラストシーンはショックで、辛い物。
ここまで撮らなくてもいいのではないか?と身近の女性達からは悲鳴に似た、
「声」を耳にした私も、同意です。

後味が悪くて、この映画の後のアカデミー賞授賞式には、ビョークがビョーキに
なったのだろうと思わせてくれた、白鳥のドレスを見ると、ひっくり返りそうになりました。

ただの、しゃれにしては、ワースト・ドレッサー賞です。
でも、個性的な人は面白いし、その人なりの哲学を感じます。



キャッツ
昔、観ましたが、グリザベラの歌声がきれいで、衣装やお化粧が良かったです。
でも、やはり、アメリカにはかなわないと言うのは本当かもしれません。

美声はどんな楽器の音色よりも、美しい。とも思います。
マア、声の好みもありますが・・・・



エターナル・サンシャイン
これは、見ていません。


キューブ
こういうのを、不気味と言わずして、何と言うのでしょうか?
数学が出来ないと、とても生き残れないと思ったら、勉強は大切だと
思いました。
でも、5.6人の中には、必ずや謎解き出来る人がいるような気がします。
期待したいな!
キューブ2も見ましたが、1の方が面白かったです。
残酷という表現がぴったりでした。
2は、更に残酷なストーリーでしたよ。




そんな訳で、文明さんの映画歴(見ていないのはこれからですが)を
見せて頂き、私と同じような映画の好みの方がいるのだな~
と思いました。

長くなるので、TBさせて頂きました。




→映画の好きな方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-11-08 21:00 | 手紙