ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

かにを食べながらの会話

今朝、宮城県から車で来た友人が、かにをたくさん、もって来てくれた。
それで、さっき、全部ゆでて、そこに来た別の友人と食べた。
残りは、夕方来る予定の20代前半の食いしん坊のK君に食べさせようと
思っている。
この家は、人の出入りが多いので、コレはコレで、楽しい。


かにを食べながら、如何してポン酢が一番合うのかとか、かにに切り口を
入れて食べると、食べ易いだとか話しながら、最近の私の電話の受信メール
の事を話した。
受信したメールは、去る宗教に凝ってる友人からのもので、このメールを
最後に私とは切れたのだ。

宗教の話以外、よく聞くと彼女はしていなかったようだ。

頭\もいいので、このまま付き合っていたいのだけれど、彼女からしたら、
私はただのターゲットだったようで、そこが悲しい。

宗教の話を抜いて、話がしたいのだけれど、それはすでに無理だった。

そんな流れをこの友人(男性)に話したら、珍しく同意していた。
この友人は強い精神力を持っているので、ハッキリと物事を言うが、
ここの所、仲が悪くて、話しをするのが億劫だった。


かにの味にご満悦で、名古屋への出張の時には、いつもかにを食べていた
私は、このゆで汁でかに雑炊を作る方法を良く知っているので、夜は
かに雑炊を作る予定でいる。


かにはともかくとして、友人との相性って、色んなパターンがある。
今日の友人の場合、けんかになるとしばらくの間、会う事がなくなる。
K君は、私からみるとお子ちゃまなのだけれど、なぜか、楽しい。
U君は、自我が強いのでこちらとしても気が抜けない。が、裏表が全く
ないから、こういうのも気を回さずに済むので,私は楽だ。


色んなタイプの男性との会話は、いつも何か食べながら続いている。




→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-11-04 17:00 | 現在