ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

白い大地に降る雪




my dear  ms. 佐藤
d0063550_1032056.jpg


ヨン様の「4月の雪」
昨日、見た「春の雪」
「コールドマウンテイン」の中の雪

そういえば、私が受験した高校の国語の試験は
作文「自分の好きな季節」だった。
ここで、私は冬を選んだ。
そして、書いたのは、雪の事。

雪は人の罪深さや、状況説明、状況転換を無言でかわす。

ただ、ストーリーの構成が良くないと,唯のデコレーションで
消えるはかない物。


そんな事考えている今、私はさとうさんの絵を連想した。

構成がしっかりとしている。、
ゆるぎない構成が、根を下ろしている。

だからその後の、肉付けには、変化球で望んでも良い。
自由に伸びるだけ伸びろ!
勝手に広がれ!
世界中の色を持って、色の海を渡り、宇宙へ飛べ!
1000の色で10,000の世界を解き放て!

北海道に雪が積もったら、それはデコレーションではない、本物の雪!
切ない雪でも、はかない雪でも、冷たい雪でもなくて、冬の雪。

静かな冬の雪。

白い雪と1000の色彩の絵。
みたいな~~佐藤さ~~ん!

大地に根ざした佐藤さんの冬の絵。
マーラーの第5の様な冬の絵。
どんなに降り続く雪の中でも、雪の重さに負けない佐藤さんの絵。



みたいな~~。



→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-10-30 10:35 | 手紙