ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

花というオブジェ




d0063550_18561321.jpg
今日の午後、近くに住む友人の家を訪ねた。
友人は専業主婦で、家の中はいつもきちんとしている。

造花を作る趣味があって、赤いバラやカラーやその他の花が
所狭しと飾られている。

私は造花が嫌いなので、塗料を使ってまで、作る気が知れない。
好みの問題ではあるのだけれど・・・・・・・

昨日、東京から運んできた植物を全て、大きい植木鉢に植え替えた。
買ってきたパンジーも新しい鉢に植え替えた。
しかし、本来、私は土植えよりも、切花が好きだ。

切花は冬でも1週間しか持たないけれど、日一日と、変化するあわれが
たまらない。生きている物の宿命を感じるからだ。
人が心癒される物には、生きている生命力が必要だと思う。

自然やペットなど、どれをとっても、生きている。
その生命力から受け取る生命は、何にも変えがたい。

人は生きている物から、また命を頂いて、癒され生きる物なのだろう。

そう考えると、友人の家の造花からは、心癒される事はないのだけれど、
友人が焼いておいてくれたアーモンドケーキには、とても癒された。
(どこが、生きているのだろう)

→花の好きな方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-10-27 18:55 | 現在