ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ライフログ



d0063550_16594395.jpg


ライフログに何を載せるかと、ずうっと考えていて、
結果何も載せない事にしていた。
私が人のブログを最初に見る時には、まず、ここを見る。
管理人の思考/嗜好を思う時の判断をするのに便利だからだ。
それは、他人から私のブログを見た時にも、同様な事が言えるのだ。
私の好みをほんの少し、示す事で、軽い判断をされるのが嫌だった。

ところが、最近ではそろそろ載せて見ようと思った。
これは、時々衣替えするようにしたい。

映画については、キャリアが永い方かもしれない。
小3の時から一人で、身に出かけていた。
映画館は歩いて、15分位の所にあった。

しかし、心にしみこんだ物が多いかと言うと、その限りではない。
例えば、「北京の55日」から「西太后」に移ったり、トーマス・モアの
「わが命尽きるとも」から「ヘンリー8世の6人の妻」を聞いたりする。
どうも、永い歴史の旅をしてしまうようだ。

ライフログに載せようと「わが青春のフローレンス」を探したが、
載っていなかった。
子供の頃には、ラブシーンの意味も、恋愛の意味も解らずに、
心のからみには触れる事がタブーで、今思うと、当時見た
「雨のエトランゼ」は不可解ながらも心に残っていた。
最近になって、WEBを読んで、無事解決できたが、私には更なる
難問が生まれた。
もう一度、この年で見れば、理解出来るのだろうかと思う。





→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-10-25 16:52 | 現在