ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

きりんそう

d0063550_23522763.jpg


雑地や河原のいたる所に、黄色のきりんそうが満ちる。
そんな秋になった。
この花には、一つの思い出があって、この時期になると
思い出す。
それは、5年位前に友人のシェパードが急死して、
ペット霊園が迎えに来るまでの間に、花を買いに行く時間もなくて、
ふと見ると、きりんそうに眼が行き、きりんそうの束を作り、
犬の箱の上に置いた事だった。

おかげで、この時期には、あの犬を思い出す。
名前はファルト。

この間、ほんの少しのきりんそうを人に挙げた。
でも、あれってゴミ箱の中に直行したのだろうか?
少しは、臭いをかいで、草原を連想できたのだろうか?

今日のきりんそうを観て、思い出した。

今、ノルウエェーの森・長谷川洋子のチェロが流れていて、
きりんそうのイメージにぴったりだ


→きりんそうを見たことのある方は、クリック御願いします。(この写真ですよ)
[PR]
by sea1900 | 2005-10-22 00:09 | 自然