ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

メゾン・ド・ヒミコー③



d0063550_16491581.jpg

食事シーン
le monde lunatiqueから、犬堂監督は、このシーンを
よく見て欲しいと語っている事を知った。

食べる事は、動物が生きていく為の基本的な行動で、
食欲は、基本的な欲で、生きていく原動力だ。

このシーンでは、全員集合して、多くの料理を前にしている。

ここで、生きているというメッセージとして捉えればよいのだろうか?
こうして、静かに生きている人間を、そっとしておいて欲しいという
事なのだろうか?

全員集まっての食事風景は、この後にはないので、
もう一度、じっくりと見てみたい!


→次が読みたい方は、クリックお願いします。まだまだ、続きます。
[PR]
by sea1900 | 2005-10-09 16:54 | 映画