ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

毛皮について思う事

今日は、ウメポチさんと毛皮について、コメントをしていた。
それで、彼女が2つの記事を書いてくれている。

私も自分のブログでまとめてみたいと思った。

毛皮について思う事
 以前、アメリカのTVでアザラシの子供が白い雪の上で、
急に殺され、その血が白い雪の上に広がった。
これは、毛皮反対、捕獲反対のCMだったのだが、余りにも
ショッキングで驚いた。

しかし、女性が裸で、毛皮反対のデモをしたのには、裸になる必要
があるんだろうか?と思った。

毛皮は、毛皮だけの為に動物が殺されている。
皮革は、肉を取った後の物で、殺した動物を最後まで使う!
というどこかの国のいけにえと同じだと思う。
 いけにえに捧げられた動物は、目玉やつめまで使われるので、
これがいけにえに対する心からの礼だと感じた。

動物実験の話と毛皮の話を比較する事は、無茶な事で、
あくまでも、私は動物が毛皮の為だけに、殺される事が
可哀想だと思う。
そういうと、豚は、牛はと突っ込まれそうだけれど、
産業動物と言われる食用の動物は、人間が生きる為の
食用なので、仕方ないだろう。

贅沢の一つとしての毛皮は、101のクルエラのようで、
どうも考えてしまう。

でも、エンバにもたくさんの在庫があるだろうし、
着たい人は着ればいい!と思う。
ただし、自分は買わないし、着ないだろう。


また、クジラについては、実はアメリカが絡んでいたので、
(確か、政治的な意味もあったので、)
食べるな!と言われても、文化の違いからくる物だと思う。

この事は、今回の毛皮の話とは一緒には出来ない。

私はただ、日本人と韓国人だけが、とても好きな毛皮について、
動物がかわいそうだと、思うだけだし、
普通のコートでも、カシミアでも間に合うと思っている。

何も、NYのインテリ層の人たちが、毛皮をボイコットしているように
日本人もそうしろ!と問題提起しているのではない。

エンバのCMを頼まれてるんじゃないか?と思える程、
何枚も持っている友人がいるけれど、私は個人攻撃は絶対に
しない。
あくまでも、一人心の中で思っている。
ある友人は、17歳から肉を全く食べていない。
魚をほんの少しだけたまに食べる。
料理は上手いけれど、餃子を作る時も肉なしだし、徹底している。


勿論、これは動物がかわいそうなので、自分だけの抵抗と言える。
自分が満足できれば、これもいいと思う。

>極論かもしれませんが、毛皮だけが特別非道なものではなく、
それだけをピックアップして考えるのは、ナンセンスだと思うのです。

薬やシャンプーは毛皮とは、比較出来ないのです。
なぜなら、私は必需品とそうではない物として、考えたからです。

これを同じ次元の物として、如何して考えられるのでしょうか?
動物実験・・・・この話と毛皮も、同じ次元では語ることが出来ません。

色々な事と毛皮の話を混ぜても、次元が違えばナンセンスです。
だから、この考え方の根本が違うと思ったのです。

それと、イヌイットが毛皮を着るのは、生きるための文化であると
思うのです。
文化とは、人がよりよく、生きる為の物で、歴史もあり大切な物です。
イヌイットも必要な数だけの捕獲をして、不必要な捕獲はしません。

そういえば、今思い出しましたが、ミンクやクロテンなどは、
養殖が盛んなのです。
野生だと、傷があったりして、使えない物がある!
とアメリカのTV番組で言ってました。







→クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-28 23:39 | 現在