ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

新種の生き物

9・23の「きっこのブログ」の記事、「日本動物園」を読んで、
ほーーーーら、やっぱり!と思った。

琵琶湖で見付かったピラニアナッテリーにしても、多摩川中流と下流で
生息し続ける凶暴な熱帯魚達。
日本の気候では生き続けない!なんて思っていると、とんでもない!

知らぬ間に、色んな生物が自分勝手に、本来の形をとどめなくて、
変化し続けて生き続けるだろう。

そんな映画は、今までにもたくさんあった。
こんな時には、映画好きだと、とても勉強になる。

琵琶湖のピラニアだって、絶対に一匹という事はないだろう。
何年か後には、ボートが襲われて・・・・・
と、やや考えすぎだけれど、可能性は無限かもしれないのだ。

ところで、友人の家は、現在一軒やの中古を借りている物で、
最初は、2階建てだし、広いので喜んでいたが、この間偶然に、
興味深い事を聞いた。
私が、ムカデの話をしたら、「最近、図鑑にも載っていない何だか解らない
新種の虫が多い」と言う。

それは、良く観ると本当に不思議な形だと言っていた。
地球全体の生き物が、望まない進化を遂げているのだろうか????


→虫の嫌いな方は、クリックオネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-27 12:39 | 自然