ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「チャーリーとチョコレート工場」



d0063550_22522165.jpg

1964年に出版された「チョコレート工場の秘密」のファンだった
ティム・バートンは出来るだけ原作に忠実に作ろうと、原作では
雰囲気や感情表現が鮮やかで、
読者に考える余地を残すようにしている事を理解した。
d0063550_233875.jpg


チョコレート工場に5人の子供と一人の家族が集合した。
チャーリー以外は、皆、どうしようもない癖がある。
チョコ大好きな肥満児、オーガスタスの母親は、雪の中でも暑苦しい顔とファッション。

ディズニーランドでは大して混んでいない、イッツ・スモール・ワードが
登場する。でも人形に火がついて、恐怖映画のパロディのようになる。
後で、この人形の病院も登場するので安心したけれど、これは何の映画の
パロディだったのだろうか?チャイルド・プレイの様な感じがするけれど・・・

d0063550_2333982.jpg

不思議な小人、ウンパ・ルンパの踊りと歌の登場。
みのもんた似の小さなオッサンがこの工場では、よく働いていた。
カカオを食べ放題と言う条件だ。
ビビッドカラーで、おとぎの国に来たようだ。
あの人数には圧倒された。リスの団体さんも面白い。

d0063550_235270.jpg

何処に行くのか、チョコの川を行く。
ウンパ・ルンパは皆、同じ顔だけれど、パンフのこのページを観てびっくり!
微妙に、顔の角度が違っていたのだ。

とにかく、色が鮮やかで、楽しい。
ウンパ・ルンパのダンスのステップは多種。
d0063550_235391.jpg


ジョニー・デップは最初の登場で、右手がはさみになっている。
「シザーハンズ」のオマージュ、or パロディ

d0063550_23474661.jpg


デブのオーガスタスから順にウォンカ(ジョニー・デップ)の前から消える。
オーガスタはチョコだらけになりながらも、食べ続ける。
ウォンカは計画的に、5人を選んだのだろう。
それは、ウォンカの表情にも現れている。

「2001年宇宙の旅」のオマージュ、
「マジカル・ミステリーツアー」のビートルズもあって、眼が離せない!
「最終絶叫計画」よりも少ないとは思うけれど、
色々と隠されているので、謎解きはおもしろい。


チャーリーの家は大きく傾いていて、老人がベッドに4人も一緒にいて、
キャベツしか入っていないスープしか食べられない貧乏暮らし。
この老人の歳の合計は381歳。
母親役のヘレナ・ボナム=カーターは生まれはいいのに、貧乏な
庶民的な役が似合う。
父親役のノア・テイラーは「シャイン」で輝いたオーストラリア俳優。
他にも色々な作品に出ているが、私はこの映画がすき。


原作にはないというウォンカの父親には、年老いたクリストファー・リー
が扮していて、昨日TBしたakaboshi 氏のブログの中にもあった、
親と子の姿にも通じた。
「両親」と言う言葉を言おうとすると、口ごもってしまいまともに、
話せないウォンカの姿や、TVばかりしか観ない子供への
警告、子供の言うままに、わがままを通させる親、競争意識しか持たない
子供、ユーモアを交えて、彼らに大きな警告を発している。

しかし、そんな事よりも楽しくて、色が鮮やかで美しい。

家族は何よりも、大切な財産!
そんな事も教えている。


帰りに、どうもチョコが食べたくなった。

ロアルド・ダール(原作者)はチョコが大好きで、著書の中で
「どの学校にもチョコレートの先生を置くべきだ」と提唱したそうだ。


d0063550_042157.jpg



そして、最後に、ジョニー・デップ。
白っぽい化粧で、こんなにも美しく・・・(じゃ、なかった)
顔は化粧で変わる!
「ギルバート・グレイプ」の長男を演じた頃を思うと、
なんて成長したのかと思う。
ウォンカは彼以外には、考えられない!

ややオーバーな表情の変化が、彼らしいと思った。





→チョコレートの好きな方はクリック、おねがいします(そんなに、好きでなくても!おねがいします。)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-27 01:00 | 映画