ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

サプリメントと信仰心

2年前、私はサプリメント中毒だった。
中毒というのは、それが無くてはならない状態を言うのだろうが、
正にその状態だった。それは、一年半は続いた。

年上の友人に薦められて、痩せる為には栄養の偏りを
なくさなければならないのだから、バランスを取る為に
何種類かをパックされたビタミン類やミネラルを一日に3回飲んだ。
空腹時に飲むチョコ味のプロテインがくっついて、
月に2万円以上だった。

更に、お目目に良いブルーベリー、それも北欧の自然な
ビルベリーのサプリメント、
そして、目と女性の体によいというサプリメント、
ストレスを少なくする、カパカパの木から取れたというサプリメントと続いた。

色々な栄養を食べ物から摂れたら最高だけれど、
毎日採り続けるのは無理がある。
それで、サプリにお願いすると言う流れとなったのだ。


ところが、このチョコ味のプロテインがまずい。
もう少し、ましな味に出来ないものか?とまじに思った。
これらのサプリメントは全部、アメリカの物で、
ハーブと組み合わされている。
ハーブの自然の効用は確かにいいと思った。
日本はその点、遅れているではないか!
アメリカの物は、会員が自分の下の会員に売る時には、
マージンが入る構造になっている物が多い。
しかし、私に売った友人は自分の仕入れ値で私に譲っていたので、
儲けてはいなかった。
よい物だjから薦めていたのだ。
一月に全部で、3万円位は使っていたと思う。

さて、その内にサプリメントを飲む時に、
これがのどに引っかかるようになった。
よくある事らしい。
友人に頼むのも面倒になり、自然と遠のいていった。


知人の男子はアメリカ製の高いシャンプーを使っている。
これは母親が会員になっている製品で、無香料・保存料も無添加を
謳っている。
ある時、ネットで検索してみて、よく読んでみると、
とんでもない事が書いてあった。

その化粧品の会社を実際にアメリカまで尋ねていった人の話だった。
「きれいで、近代的で衛生的な工場を想像するのが普通だろう。
ところが、実際には、原料がそこらに積まれている田舎の
近代的とはとても言えない町工場の様な物で、びっくりした!」とあった。


そんな訳で、遠い所で作っている物を、出来のいいカタログだけで、
判断するのは大きな間違えなのだ。
PRはどんな風にも出来るし、その筋のプロがいるのだから
簡単だ。

それに、サプリメントを飲まなくなっても、何も変わらない。
(ただ、ビルベリーだけは目がすっきりしてよかった。)

飲む事で、健康を維持できているという暗示にかかったまでの事だ。
これは宗教を信仰するのと同じだろう。
信じる事で救われる!実態のない物をあるように信じる事と同じだ。

あのチョコプロテインは何本も冷蔵庫に残り、ゴミとなった。
友人も実はそうだった。
「まずくて飲めない!飲むのなら、持って行って!」と言っていた。

何が入っているか解らない物体を言葉巧みに薦められても
今後は飲まないし、やはり、食べ物から採るのが
美味しくて精神的にも良い。
それに安い!


友人は今もスカパーでプラセンタや他の物を色々と買いあさり、
完全なる中毒症状が続いている。

 
→美味しくて、バランスの良い食事をするっように心掛けている方は、クリックして下さい。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-16 09:39 | 現在