ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「亀も空を飛ぶ」



d0063550_1448410.jpg

解説: イラン人監督のバフマン・ゴバディが、イラン・イラク戦争下でけなげに生きる子供たちの現実をリアルに映し出した意欲作。スペインのサンセバスチャン映画祭を始めとして世界中の映画祭で高い評価を受けた。戦争という、つらい現実だけでなく、子供たち愛くるしい姿を通して未来への希望も感じさせる演出に、監督の意図がうかがえる。また、劇中登場するアメリカ兵は本物の兵隊たちなので、歴史的にも貴重な映像を観ることができる。



昨日、岩波ホールから届いた。

岩波ホールで上映される映画は好きだ。
劇場がリフォームされればよいと、行く度に思う。
でも、平日に来ている女性達の熱心さには圧倒される事がある。

来週かな、今度行けるのは!

→戦争映画は好きではないけれど、少しは見る方は、クリックお願いします。(大好きな人もお願いします)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-15 14:49 | 映画