ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

七輪でさんまを焼く贅沢



d0063550_012943.jpg
魚を焼く時に、今時のガス台は適していないし、
使用後洗うのも面倒だ。
「昔のように外で、七輪(しちりん)で火を起こして焼いて食べてみたい!」
と思い、七輪をホームセンターで買って来た。
お値段は1200円だった。
何度も使えば、安い物だ!

そう思って庭で七輪の上に網を乗せて、秋刀魚を置いた。
この日は涼しくて、風が出てきた。
周りは暗くて、何だか淋しくなって来た。

そして追い討ちを掛けたのが、風に揺れる七輪の炎だった。

秋刀魚はなかなか焼けないし、真っ暗になった。
この日、秋刀魚定食の夕べに招待していた友人がご到着して、
私の背後に来ていた。
やっと気づいた私は、もうだめだと思い、
「この七輪は不良品だったよ!」と照れて作り話をして、
台所のガスで秋刀魚を焼き直した。
そして、秋刀魚定食の出来上がりとなった。

文明の利器、ガスは火の調節がワンタッチ。
優雅な一時よりも、早く出来る合理性を優先した結果は、
おいしい!という4文字だった。


そういえば、あの七輪は外の流しの近くで、虫の声を聞いている。

→魚は網焼き、酒はビールが好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-11 00:12 | 食べる