ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ひとつ多い・・・・もう一つの話



d0063550_027186.jpg

ウメポチさんの<ひとつ多い>を読んで、これを書きたくなりました。

ウメポチさんは耳の穴が一つ多い!という事ですが、
私が知っているのは、一つ多い肛門です。
想像すると、ちょっとびっくりですが、
親戚の子供が生まれた時に初めて知りました。


ベビーだから、オムツをしているのだけど、
肛門の上に小さな肛門があるのです。
便も一人前にほんの少しここからも出ます。可愛いもんです。

医師の話では、ベビーの時にはこうでも、その内に自然にふさがるので、
さほど気にしなくても良いそうなのです。
でも重症の場合は手術するそうなのです。

10年位たった今では、形だけはそのままだけど、無事にふさがったそうです。

医師は色んなケースを見てきているので、何事にもサッと言う人も多いです。
それ位の人の方が患者も不安に成らずにいいと思います。

昔の人はよく、手のひらを広げてみて、顔に当てて、手の下に隠れる部分は
<命取り>にも成りかねない大切な所と言いました。
おできが出来たとしても、早く直るように手当てしたり、
気をつけたのです。
それは、おそらく脳に近いからだったのでしょう。

そうですね、脳みそは大切ですから気を付けないといけないですね!

余談ですが・・・・・
 アフリカで飢餓にあえぐ国では、
どうして子供の死亡率が大人よりも多いのか?ご存知でしたか?
それは、わずかの食べ物でも、父、母、子供の順で食べるので、
子供が一番犠牲になるのです。
また、ここが肝心な所ですが、
子供は身体も脳も発達途上なので、栄養が不足すると
脳の発育が止まるのです。

身体はその後のフォローで,月日がたてば元に戻るのですが、
脳みそは戻らないそうです。

ここが飢餓という名の最大の悲劇なんですね。
脳みそは大切なパーツであり、生きていく全てとも言えます。

ウメポチさん、ハチの子でもなんでも自分に会えば見っけ物ですね!
自然万歳!なんにでも効きそうですね!



→顔を毎朝洗う方はクリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-06 00:19 | 人間