ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

これから封切られる日本映画-2

d0063550_11144457.jpg



双子の兄弟、達也と和也、そして恋物語のヒロイン、南。
3人が織り成す甘酸っぱい恋模様を繊細に描き、
世代を超えて国民的反響を呼んだ、
あだち充原作の青春ラブストーリー「タッチ」

最初は、私は南を「世界の中心で愛をさけぶ」を長澤まさみが演じるので
「これは見よう!」と思っていた。
長澤まさみは最近では、ドラマ「ドラゴン桜」でも、別の一面を見せている。


今朝、車を運転しながら珍しく聞いたラジオで、
「タッチ」について語っていた。

キャストはこれ以上の人がいないと言えるまで、完璧に合っていて、
とにかく良い出来だと言っていた。
「コミックが映画化された物の中では最高に当った!」そうだ。

前はたまにしか日本映画を観なかったが、
高校生や20代の若い子達があんなに熱狂する原因を、
知りたいとも思った。
「タッチ」の監督は「ジョゼと虎と魚たち」の犬堂一心で、
おそらくジョゼ・・・同様に優しく、瑞々しく描いているのだろう。

期待している!!!



→長澤まさみは大女優になれるかもしれないと思う方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-05 11:39 | 映画