ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「 NANA 」



d0063550_21414994.jpg


さっき「NANA」を観てきた。
「NANA」は中学生や高校生に人気のあるコミックで、
私がたまに行く歯医者にこれまでの全巻おいてある。
でも、それを読みたいとは、思わなかった。
しかし、映画は思ったよりも楽しかった。


中島美嘉のダークなメイクとやせ細った体、輪をかけて男言葉の凄みが、
一人のNANAを、宮崎あおいがかわいいNANAをそれぞれに、演じている。


中島のライブ、レイラの歌声、トラネスのバンドの音がこの作品を、
青春音楽映画として良くまとめていた。

蓮役の松田龍平は1983年生まれで現在22歳だが、
5歳位は大人に見える。
成宮は23歳と、大体が20代前半の俳優達で占めている。


この間の<愛についてのキンゼイレポート>は
同じシネコンで、たった一人で見たのだが、
今日は一番大きな劇場で、高校生がほとんどを占め、満席だった。



松田龍平は親父の松田優作にも似ている。(DNA.....)
寡黙な役なら上手そうだ。


期待しないで視たのだが、心にぐっと来るものがあった。
<期待しない>のは、ゼロの状態だから、
全てがプラスに取れるのかも知れない。
期待はずれよりも遥かに前向きになれる。

さいきん、JPOPが好きに成ったので、
明日は中島美嘉のCDを借りてみよう。
そんな楽しみにも導いてくれた「NANA」に感謝したい!



→音楽映画や青春映画も好きな方はクリックおねがいします。(すきでしょ!!)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-03 19:17 | 映画