ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「奥様は魔女」



d0063550_232272.jpg

夕方、軽いノリで観られるニコール・キッドマンの「奥様は魔女」を見た。
長身で白い肌、金髪できれいなニコールの魅力がプンプンと放たれていた。






相手役はジム・キャリーになりそうだったらしいが、
もしそうだったら、この映画は更に、
ドタバタと輝いたのでは無いだろうか?




そして、ニコールと火花をちらしたように思う。


ニコールの鼻の形は<アメリカ人の憧れの的>と言われていて、
美容整形でもこの形が一番人気があるそうだ。
確か、ベーブ・スペクターが言っていた。



しかし、この形の良い鼻のピクピクは元祖サマンサには及ばなかった。
サマンサはアメリカ人を感じさせるアメリカ女性が似合うと思った。
鼻に特徴のある、大きめの鼻なら、ピクピクが解りやすいだろう。

だからこの映画はあくまでも、「ニコール奥様は魔女」。

写真は元祖<奥様は魔女

映画を観ている間の、ほんの10分間位、ピクピクの魔法にかかってしまい、
スヤスヤスリープしてしまった。
それと、これを書いた時に2度も勝手にきえてしまった。
これも魔法のなせる業なのだろうか???
d0063550_2257527.jpg
しかし、何でマア、松田聖子が歌ってるんだろう?
イメージが幼稚に成りすぎる!


→鼻の大きな人は、クリックして下さい(小さな人もお願いします!)
[PR]
by sea1900 | 2005-08-31 22:34 | 映画