ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

怖い話・・・・・見えないものがみえる!

この話は実際にあった事実。
時は戦前、場所は横浜の伊勢崎町。
登場するのは、私の親類の叔母さんと、御町内の方々。


叔母は、ここで商店を営んでいた。
当時の伊勢崎町は栄えていて、人が溢れていた。

叔母は神経質な方だったのだろう。
麻、店の前を掃除していると、そこを近くの人が通って行く。

叔母は手を止めて、口を開いた。
「あの人は、短いよ!」
命の炎の火が見えるのだ。

また、叔母は言った。
「永くないよ!」

叔母は感じるのだった。
運命的な人生の終わりを!

こうして、叔母は何人かの命に、感じた。
そして、これらの人達は、叔母が感じてから、
あっという間に亡くなっていた。

霊感が強かったのだろう!
そうとしか考えられない出来事だった。
事実は、小説よりもはるかに説得力があり、
リアルな現実なのだ。

→怖い話が好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-29 00:34 | 過去