ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

同じ2年でも違う

誰にとっても、一年は365日だし、一日は24時間と決まっている。
そんな事は当たり前だけれど、若い時の2年間は内容も充実感も違ってくる。

私の回りには、21~24歳までの子がいるけれど、20歳と22歳の時は全く違うし、
18歳とその子が20歳の時は随分違うのだ。
30歳と32歳や、45歳と47歳では同じようなのに、若い子の2歳は大きい。
仕事を通して成長する速度が眼に見えて違うのだ。

要するに、若い時には吸収や成長が著しいという事になる。
自分にもこんな時があったかのかと、自問自答してしまう。


さっき、昔観た「スリーパーズ」を思い出した。
それは、ニューヨーク・スラムの青春群像を生き生きと哀しく、切なく、
現実を描いた物だ。
この映画を観た後、私は一つの結論に導かれていた。
それは、子供の時の事は重要だという事だった。
子供と言うよりも、青春期といえるだろうが・・・・

20歳前半は二度とやって来ない。
彼らが、事件や事故にあわずに、犯罪にも無関係で生きられるように、
身近にいて本当に祈る。


→楽しい青春期を送った方、これからが2度目の青春だと思う方、青春の門を知っている方はクリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-27 02:05 | 人間