ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

6000年の歴史がある


d0063550_10565654.jpg



早朝、良く海外旅行に行く友人から電話があった。
彼女は、つい最近は、韓国に、その前はインドに言ってきたと言う。
私よりも遥かに年上で、仕事はリタイアしている。

そう、女スパイに間違えられた友人だ。

インドでは、日傘をさして、サングラスをかけないと歩けなかったと言っている。
気温は高いのに、湿気が無いからさっぱりしているのだそうだ。


マンゴーは、最近では南の方で、国産物も出来始めているらしい。
出も、本場はインドで、何と6000年の歴史があるのだそうだ。

6000年、気の遠くなる年月で、勿論、想像付かないけれど、
とにかく大昔からマンゴーは食べられていたって事だ。

インド人は、このおかげでサングラスも無しで、暑い中を歩いている。
眼にもとてもいいのだろう。インド人はこの暑さの中で、
首にスカーフをぐるぐる巻いているらしい。
でも、これも、理由がちゃんとあるのだろう。

この友人は、海外で名所を見るのも楽しいが、
それよりも人を見るのが楽しい!と言う。
私も同意出来る。

暫くの間、彼女はマンゴーだらけの朝食が続きそうだ。
イツモ触発されて、一つの事に熱中して生きている。
健康で、楽しく、長生きを目指している。
私も同意出来る。



→今年、マンゴーを食べた人、これから食べようと思う人は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-26 10:57 | いい女