ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

赤い部屋


d0063550_1249118.jpg



昨日の昼、レンタルビデオ店に行った。
「フツーに生きてるGAYの日常」の中で、
「新宿のツタヤにゲイの物がある。」と言っていたのが
やけに気になっていた。
自分でチェックしたかったのだ。それで、見てみたいと思っていた。

店内の奥に、入り口に、温泉のノレンがたらしてある部屋がある。

秘密の部屋。赤い部屋。

私は入った。堂々とさりげなく!
しかし、だ===れもいない。
期待はずれだ。誰かいたら、じろっと見てやりたかった。
部屋は8畳位で、整然としている。が、赤っぽい雰囲気は、気持ち悪くなる。
アイドル、制服、変態、そして、ビアンが少しだけ・・・・・・・・
ゲイはなかった。
こういう風に分けられているんだ!

前に、香港に行った時、ガイドが説明してくれた。
「黄色の看板は、ピンク系の店です。」と。

日本のアダルトビデオは、赤とか品の無いピンクだ。

どうも、色分けされているようだ。
色が人間に与える印象が作り出すイメージは、
本当に当っている。


写真は、「日本アダルト倫理協会」のアダルトビデオ審査の風景。
世の中、何の仕事も大変ですな~~!




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-18 13:27 | 現在