ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「ピアノひきフェデリコ」 2003

d0063550_23324187.jpg





この絵のシリーズは、マンハッタンと言う。

この猫の絵が好きで、好きで、こんなにステキな猫の絵は、
「100万回死んだ猫」以来の物と信じている。

マンハッタン・・・・アア。new york!
こういう絵は、やはリアメリカ人にしか、書けないんだ!

永い間、そう信じていた。
日本人による絵だと気づいたのは、最近になってからだ。

久下貴史(takashi kuge)
1948年京都生まれ。1986年N・Yに移住。
移住後まもなく一匹の猫をもらった事に始まり、
今では5匹の猫に囲まれて暮らす中から、様々な作品が生まれている。
愛情を込めて描かれる猫達と、その温かく豊かな作品世界は、
見る人を和ませてくれる。



20年も住んでいると、日本の猫なんか忘れているだろう。
お友達は、N・Yの猫なのだ。

N・Yの猫たんは、おもちろい!!!

ツバサさん、catvilleさん、とみこさん、K医師、N先生、
猫を愛するこの世の全ての人に、フェデリコが送る名曲・・・
  それは、「子猫のワルツ」

    子犬のワルツの方がやけに有名だけど、
    「子猫のワルツ」も有名なのでニャ~~~ゴ!



 
→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-18 00:07 | 現在