ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ライフログの『時計じかけのオレンジ』


d0063550_18134689.jpg



ブログ「フツーに生きてるGAYの日常」のライフログや、
TBされているBROGを読んでいたら、切がなくなってしまった。
新鮮な感動というのか、面白さなのか、とにかく時間がたつのが早い。

akaboshi氏がいい文章を書くので、引き込まれる勢いに、対抗できなくなる。

こういうBROGに、前に出会った事があった。
 でも、その時は、段々と飽きてしまったのだった。

ライフログの中に、『時計じかけのオレンジ』と『予告された殺人の記録』
があったが、なるほど!と納得でき、彼の思考の片鱗をほんの少し、
覗けたような思いになった。


私は時々思い出す男友達がいる。
一緒に映画と、絵を観に行っていた。

彼は、美大に行きたかったが、家庭の事情で、
都内にある普通の大学に行き、
美術部で、絵を描いていた。
私と出遭ったのは、彼が20代後半の頃だった。

絵を観に行くと、よく解説してくれ、上野の森を散歩したりした。
私は、その頃、カメラをいつも持っていて、
いつでも写真を撮っていたので、彼の写真もよく撮っていた。

彼は、長身でハンサムだが、変わっていたのかもしれない。

ある時、彼が言った言葉にはっとした。
「好みではないのに、話をすると、楽しい人がいて、自分でも驚いてしまう!
気が合うとは、こういう事なんだ。」
それは、明らかに私に向けられていたのだった。

彼のいた大学の美術部の部室に用事があって、一緒に行った事もあり、
学食で、うどんを食べた事もあった。

周りの人は、皆驚くが、私達は恋人同士ではなくて、
あくまでも友人なのだった。

いつでも、冷静だったと言える。

レンブラントの絵のはがきで、年賀状を送った時には、すごく喜んでくれた。

そんな彼が、この『時計じかけのオレンジ』を好きだった事を、
今、思い出した。

私は、とにかくショツキングな映画だと思っている。
キューブリックの才能は認めるけれど、観た後の疲労感がすごくて、
ずっしりと重い。

その友人とakaboshi氏が重なってしまった。

ちょっと、読みすぎかな~~!



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-13 18:17 | 現在