ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

美容整形手術直前に、逃げ出した。





d0063550_22545836.jpg

逃げ出したのは、今は亡き、友人。
年齢を知らなかった。
50代の男性とでもしておこう。
長野県に住んでいて、仕事の関係で知り合った。

言葉は丁寧で、紳士的で、親切だった人で、
昔は調理師をしていた事があったので、料理は上手。

私を含む何人かに、バーベキューの時には、肉を自分で作ったタレに付けて、
持参してくれたり、すきやきを作ってくれたりしたので、
味付けが上手い事を知ったのだ。

彼は、離婚した後、何年かした時に、きっと若くなりたかったのだろう!
美容整形の手術を受けたのだった。

台湾に一人で行った。
手術台に乗った時に、怖くなって、逃げ出したそうだ。

そして、何ヶ月かして、またチャレンジした。
今度は、逃げられない!と腹をくくった。

顔をかなり手術したので、術後は何日も顔の腫れがひかなくて、
パンパンだったそうだ。

私は、手術後に会ったので、前の顔は知らなかった。
私が会った時には、25歳のタイ人と結婚していて、親子のようだった。

それから、1年後に会った時、仲間の一人が言った。

「OOさんの顔は、しわが随分増えたみたいだ!」
そう言われれば、そんな気もしたが、それが手術のせいなのか、
加齢の為なのかは、解らなかった。

更に、一年後、彼は急死してしまった。

その時に、仲間の一人が写真を見せてくれたのだ。
それは、整形前の自顔。

ごつい顔で、鬼瓦といった感じだが、男だから、別に変ではない。
術後のにやけたヤクザの様な顔よりは、ずうっと自然だった。

この人の最後に、術前の写真に出会うとは、何てドラマティックな事だろうか。

そして、何年かして、彼の甥っ子が仕事でこの町に来た時に、
私の所にも、立ち寄ってくれた。
ハキハキとして、気持ちの良い明るい男性だ。


私は、20代の若い彼に、手術前の友人の顔を重ねたのだった。




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-11 23:13 | 人間