ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

31歳ガン漂流





d0063550_0164070.jpgブログアクセスが累計320万件!!と言うブログで、
この作者は、今年亡くなっている。

<死ぬ事よりも、忘れられる事は怖い!>と言っていた奥山氏の、
このブログを最初から読んでみようか?と思うこの頃。

しかし、ラストが死と言うのも、疲れるし、重い。

知人から借りている、韓国ドラマも主役が、死にそうなので、
最初の1から、なかなか先を見ようとは、思えない。

心に余裕が無ければ、とても、観ている事が苦痛になる。

しかし、音楽は、心満たされていると、聴きたくない。
孤独な時の方が、安らぎが欲しいのか?

今、流れているのは、フジコヘミングのピアノだ。
この曲が聞きたい時は、私は普通の精神常態だ。


奥山氏は、ライターだったから、自分の証を書く事に求め、
本という形を、喜んだのだろう。

私の祖父は、宮大工だったので、今もこの町に、
祖父の作った文化財に指定されている、神社や、
西洋風の建物が残っている。

昔、父は、それがうらやましい!と言った事があった。
父は、宮大工にはならなかったので、
自分の仕事が形には、残らなかったからだ。

女性は、子供という存在があり、これが、自分の残せる物だという念がある。
それで、こういう風には、考えないのだろうか?
それとも、現実に追われていて、そんな事には、興味がないのか?

仕事に対する考えの違いもあるだろう。

私は、自分の荷物をスーツケース3個にまとめて、物を持たない生活に、
憧れているだけだ。
何も残したくないし、私の死後は、忘れてもらって構わない!

生きている今、心に残る映画を1本でも多く、観ていたいとだけ思っている。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-08 00:13 | 現在