ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ジプシー





d0063550_16545316.jpg
日本人にとって、<ジプシー>とは、理解しがたい人達だろう。
勿論、私もだ。
昔、知人がパリのプランタンデパートの踊り場で、
小1位の小さな男の子に、大きなヴィトンのボストンバッグを取られそうになり、
引っ張り合いになったそうだ。
子供とは言っても、親に言われて、本気で引っ張るので、
すさまじい力だと言っていた。
知人の力の方がすごかったと見えて、この時はバッグは無事だった。
しかし、あの高いヒールで、よく足をくじかなかったと、
私は思っている。

最近、愛犬を連れて、ベルギーかドイツに行った知人の話は、こうだった。
地元の愛犬家達の集まりに、広い空き地に行ったそうだ。
ここから向こうに、車を置かないように言われたのに、
無視して、向こうに置いたんだそうだ。

犬の練習が始まって、ふと車の方へ、眼を向けると、
ジプシーが何人か集まっていて、
車のタイヤをはずして、持ち帰る処だった。

ジプシーを追い飛ばすには、地元の人達の持っていた、
ピストルの空砲しかないのだそうだ。
空に向けられた空砲の音で、ジプシーは退散!

知人は、知らなかった現実を知って、
ヨーロッパに行く度に、慎重になって来たのだ。

ジプシーは、それで食っているので、真剣だ。
他民族がすぐそこにはいない日本人は、なんてのんきに暮らせるのだろうか?
楽なような、井の中の蛙なのか?考えてしまう出来事だ。





→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-03 16:56 | 人間