ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『  ミザリー 』

d0063550_17494695.jpg



雪山で事故に遭遇したベストセラー作家を助け出したNo.1ファン。身動きの取れない作家は彼女のロッジで看護を受けるが、次第に彼女の狂気が浮かび上がってくる。「恐怖のメロディ」に代表される、あぶないファン心理をついた作品の中では、主人公とファンの間に“作品”という媒体を通して、恐怖シーンを始めとしたストーリーを展開させてある所がポイント。スティーヴン・キングの原作をW・ゴールドマンが脚色し、R・ライナーが思いのほか堅実な造りを見せたスリラー。K・ベイツはアカデミー主演女優賞受賞。<抜粋>

スチィーブン・キング原作の物が、映画化されると、
どうも、原作よりも怖くなくなると書いていた人がいたが、
私にとっては、この位の怖さで十分だった。

ヒロインのアニーを、ドンとしたキャシー・ベイツが演じきっていた。
アニーの狂気は、今で言えば、ストーカーだが、
それも半端ではないすごい物だ。

力も強く、タフそうな身体、そして、元看護婦で、
薬や治療に詳しいという設定も、更に、怖さを増している。

雪の田舎の、閉塞感と密室が、2人の間に入り込み、怖さを倍増させている。

アニーが、脚を折るシーンはぞっとした!

思わず、自分の足を見たくなる。
オールド・ボーイと同じ心理だ。

見事に逞しいアニーだった。
この映画のアニーは、キャシー・ベイツでなかったら、迫力がなかったろう。
キャシーがアカデミー賞に輝いたのも、うなずける。

中だるみなしの、終わりまで引き付けられる見事なサスペンスだった。


絶対に、自分が体験したくな~い事が、疑似体験出来たと思う。

最近では、渡辺えり子が舞台でアニー役になったが、
少し、観たかったと思う。しかし、キャシーには、かなわないだろう。

  最後に、  一言付け加えるとしよう!

          公開時のキャッチコピーは、
           あなたが殺したミザリーを、
          私が、生き返らせてあげる!    




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-07-30 17:51 | 映画