ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

スッチになれなかった友人





d0063550_15244083.jpg
同級生のYは、高校卒業の何ヶ月か前に、JALとANAを受験した。

ANAのペーパーテストには、合格した。
JALは、難しかった!と言っていた。

そして、明後日、面接と言う日に、父親が交通事故で、死ぬか生きるか
と言う重体に陥ってしまったのだ。

母親は、面接に行きなさい!と薦めたが、Yは、父親の事が気がかりで、
ついに行けなかった。

こうして、何年か後になって、
私はYと香港に向かうJALの飛行機に乗っていた。
Yは言った。
「スチュワーデスの仕事って、ほとんど雑用だったんだ。今の仕事で良かった!」
Yは、この時が、初めて乗った飛行機だった。

やってみたい職業と、実際についた職業に違いがあっても、
こんなのは、結果が全て物を言うのだろう。

現在、Yは、努力に努力を重ね、年収もすごいサラリーマンになっている。

すごく早い転勤もこなしてきた。昇給試験も、何度も受け、管理職になった。

この町の実家には、母親が世話している猫と犬が心配で、
毎週、帰ってくる。
独身だが、愛情を注ぐ対称がいるって、本当に良い事なんだなあ~と思う。
父親は、健在だ。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-07-30 15:30 | 人間