ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

バイキングとイソップ物語





d0063550_1532355.jpg
今日のランチは、イタリアンバイキングだった。
私を含めて、3人で食べた。

バイキングというと、なぜかガツガツ食べてしまい、
其の後で、しまった!となる。

本当の食欲よりも、ただ、眼が欲しいだけなのだ。

何年も前に、友人の父に予約して貰い、帝国ホテルの最上階のレストランの
ランチバイキングを食べた。

 私達4人は、カジュアルな服装だったが、回りのテーブルの人は
ほとんど女性で、ドレスUPしていて、ワインで口を湿らせながら、
楽しいおしゃべりと一緒のランチだった。

スープだけでも何種類も用意されていて、いくつか、食べたが、
どれも品の良い味だ。
一通り食べ終わると、デザートになったが、ざっと数えると、25種位あって、
どれも美味しかった。
 どれも、と書くからには、全種類食べたのだった。
勿論、4人で分けながらなのだ。

 さすが、帝国ホテルだ!と満足したが、帰りの電車の中で、気持ち悪くなり
それは、帰宅後も続き、とうとう次の日の昼位まで直らなかった。

そして、何が美味しかったのか解らなくなってしまった。

現代版、イソップ物語でも書けそうだった。
タイトルは、『 子豚がカバに大変身 』とか『 欲張り姉ちゃんの後悔 』
又は『 食いしん坊の最後 』なんて成りそうだった。

それでも、有楽町のリプトンのバイキングや、新宿高野のバイキングは、好きなのだ。





→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-07-21 15:36 | 食べる