ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

バカンス






d0063550_11315577.jpg

私は、何事にも、さっと理解出来ない方で、飛びつきが悪い。

しかし、少しすると、『 な~んだ、そうだったんだ!』となる。

まず、テニスがそうだった。
硬式テニスがはやり始めた大昔に、習ってみた物の
空振りするばかりで、難しかった。

それから、1年もすると、軟式テニスの市内チャンピオンが、毎日
職場の昼休みに、相手をしてくれたので、硬式テニスの方も上達した。

更に、卓球も、上手な人が、相手をしてくれたので、
コツが解り、ドンドン上達した。
遊びでやるには、充分楽しめる程度だが、楽しい。

更に、スキーがある。
元々、自然が好きなので始めたが、昔は、板も長くて、動きも大変だった。

ところが、あっという間に、市内の指導員が集まって教えてくれる
スキーツアーでは、上級者のグループに入ってしまった。

でも、ポールとか始まると、私は、飛んでいってしまった。
まあ、そのレベルなのだ。

ボーリングでも、200点近いスコアーは、一度だけで、
後は、皆と楽しむ程度だ。
水泳も然り、
ぬるーく泳ぐ事は、充分に出来るが、大会は、中学時代に一度出ただけだ。

だけど、この程度だけでも、楽しめる。

おかしいと思った事がある。
それは、水泳が得意な人が、ダイビングをした場合、ダイビングというのは、
海中で競う必要が無いのに、やたらと泳ぎまわったりしている。
あせったりすると、エアーも使うのだ!

勿論、そのうちに、これは無意味な事に気が付くだろうが、滑稽なのだ。
あくまでも、ゆったりと出来る、リゾートスポーツなので、
気持ちからして、変えなければ、つまらないだろう。


日本人は、良く働くが、自分のプライベートタイムとの切り替えが
悪いのではないかと思う。

しかし、夏休みも数える位の日数しかないので、何処に出かけても、
それこそ、時間との戦いのスケジュールしかとれない現実があるのだった。

前、知人の所に来ていたスェーデン人の看護士の男性2人は、
夏休みがひと月もあるので、上野のオートバイ屋に、部品を買いに来たと言っていた。

勿論、私にも解る英語を使って、説明してくれたのだ。

なんとも、ゆったりした話では、無いだろうか!

   (なんだか、いつも話しがそれて行くようで、・・・
           私にもバカンスが必要になってきているのだろう・・・・)





→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-07-18 11:27 | 人間