ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ベトナムとカンサイ



d0063550_21513498.jpg

ベトナムと言うと、サイゴンやハノイと言う地名が頭をよぎる。

それから、ベトナム戦争!

これは、凄まじかった。

ベトナムで死亡したアメリカ人の遺体を、日本で、
きれいにして、アルコールに漬けて、
アメリカに帰していたという話もあった。

このアルバイトは、すごく高給だという噂を当時聞いた。
今思うと,真偽の程は、解らない。

ベトナムやラオス、カンボジア辺りは、皆同じような感じがするな~
実際には、行った事はないけれど。

何年か前、山本カンサイが、ベトナムに行った時を放送していた。
活気に溢れ、若い人のファッションへの情熱が、みなぎっていた。

今のベトナムは、こういう風なのか?と思った。

私は、20代に、デザイン学校に週に一日通った事がある。
恵比寿のバンタンデザインだった。

掲示板に、よくカンサイのファッションショーのフィッターの募集が載っていた。
一度は、やってみたかったのだが、実現しなかった。

フィッターとは、F・ショーでモデルに服を着せる役だ。

すばやくしないと、大変な仕事だ。
でも、自信があったのだ。



その代わりに、バンタンでカンサイの布地をどれも1M100円で、
たくさん買って来た。
勿論、繰越した前シーズンの生地だ。

そして、カーテンがカンサイになり、サマードレスがカンサイになった。
リゾートパンツもカンサイになった。

カンサイは私にとって、夏の人であり、あの時観た、ベトナムで輝いていた
元気の人なのだ。

ベトナム料理・・・・生春巻きなんかおいしいよ!!!
d0063550_2157940.jpg



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-15 22:00 | 人間