ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ルーブル美術館








d0063550_16553845.jpg
昔、ルーブル美術館に行った。
絵描きの友達と、ホテルから歩いて行った。

小雨の降る寒い冬の日だった。

ルーブルは広すぎて、1WEEKかけても観きらないと言われるが、
正に、広すぎる。

チケット売り場だろうと思って、並んでいたら違ったりした。
周りは、ガムをクチャクチャするアメリカの高校生の団体さんで、
にぎやかだった。

やっと入ると、そこは、迷路のようで、
観る予定にはなかった、エジプト館だった。


ミイラの棺は、思っていたよりも大きくて、歴史を感じ、
おまけに不気味でもある。

みんな、エジプトから持ってきて、自分の国の宝にしているのだ!
ミイラも、自分の国に帰りたいだろうと思うと、不憫だった。

日本では禁止されている模写をしているおじさんを見た。
画家としての風貌が素敵だった。

今思うと、有名な絵画」そのものよりも、
ここで逢った人間の方が、印象的なのだ。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-13 16:52 | 過去